釣手土器 (香炉型土器)  DETAIL

  • 写真はイメージで、実際のアイテムとは多少色が異なる場合がございます。

LABEL
ARCHAEOLOGICAL ART
TITLE
釣手土器 (香炉型土器)
釣手土器(香炉型土器)
長野県富士見町曽利遺跡出土 / 縄文中期
井戸尻考古館蔵(重要文化財)

釣手土器は、祭の際に灯されたランプといわれる。この土器の表面では、穏やかな表情の女神の胎内で炎が燃える。裏返すと、目から光を放つ恐ろしい首。頭髪が蛇になった、まさに縄文のメドゥーサが現れる。
デザイン:小林武人

カラー サイズ 数量

07/26
価格3,900円(税込)

他にもこんなアイテムがあります。